私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

保育園の魅力

 

毎朝の活動「ウィズブックプログラム」

本の紹介


WithBookとは、もともと現場出身である代表が子どもたちと一緒に作った絵本がもとになっています。
子どもたちの発語がたくさん入っていて、この絵本を、毎朝の保育活動に取り入れ、絵本の想像の世界からさまざまな遊びへ展開していきます。
例えば「ぐるぐる」という絵本のあと、クレヨンでぐるぐるを書いてぺろぺろキャンディをつくってみたり、「ぐるぐるを探しに行こう!」と、お散歩にでかけてみたり。
他にも、歌、体操、クッキングなど遊びの種類もたくさんで、保育士や子どもたちの発想を大事にして各園でいろいろな遊びを考えて行っています。
遊びの種類も外の遊びと室内の遊び、制作などの「静」とマット運動などの「動」をバランスよく取り入れながら、「保育士も子どもたちも楽しめる活動」であることを何よりも大事に毎日活動しています。
※WithBook以外の絵本も多数用意しています。

「楽しい」ことを追及する保育

プログラムで取り入れる遊びは保育士が自由に決めています。
子どもたちが楽しんでいる姿を想像しながら、あれこれと考えている時間。
先日行ったピザつくりでは買い出しからトッピングにもチャレンジ。それを調理員さんに焼いてもらい、みんなで食べました。
他にも、野菜を育てたり、飛行機や消防車を見に行ったり、本物を子どもたちに触れてもらえるような活動も意識しています。

保育士は手を出しすぎずに、子どもたちが自分で考えることや「もう少しでできそう」なことにチャレンジして楽しむ姿を大切にしています。
子どもたちの意外な反応や楽しそうな発見が、保育士のやりがいにもつながっています。


園児の写真

保育士のこころのゆとりは、子どもたちにも影響があります

先生たち


保育士が疲れた顔をしていたら、きっと誰よりも気づくのは子どもたちです。だからこそ私たちは残業は極力しません。週休2日はもちろん、サービス残業や持ち帰りは、もちろんありません。

また、株式会社アイ・エス・シーは「子育てをする方を最大限支援したい」と思って立ち上げた会社です。そのため、園で働く職員の子育て支援もなるべくできるようにと、様々な休暇制度も整えています。 長く勤めて頂きたいので、定年制度もありません。ワークライフバランスへのこだわりは徹底しています。