私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

会社概要

社名

株式会社アイ・エス・シー

代表取締役

山本 直美

電話番号

03-6265-4878

Webサイト

http://isc-ac.jp/

事業内容

●保育所運営サービス
●幼児教育従事者の育成
●教育プログラム開発・コンサルティング
●企業向けワークライフバランス研修

資本金

1,500万円

営業活動

複数企業・団体において下記のような講座を開催しております。
●企業内育児教育プログラム『できパパ講座』
●ワーキングマザー両輪支援プログラム『ゆるママ講座』
●子育てに関するプログラム『プレママ講座』『プレパパ講座』
●幼児教育者向け指導者教育プログラム
●幼稚園教諭向け『グッドコミュニケーション講座』
●保育士向け『チャイルド・ファミリーコンサルタント講座』
●保育士向け『ブラッシュアップ講座』

その他、教育に関わる分野で下記のような活動もしてきました。

●託児施設 コンサルティング業務
●子供向け大型施設において 安全管理・プログラム監修・アドバイス
●ベビーグッズ・育児用家具メーカーの商品開発への企画・アドバイス
●某企業事業所内保育園運営業務


採用メッセージ

代表写真


就職や転職をご検討される皆様へ

保育という、すばらしい仕事を一生の仕事にしませんか。

今、このメッセージを読まれている皆様はきっと、これから保育業界に挑戦されようとしている方、または、すでにこの業界で働かれていて転職をご検討されている方だと思います。そんな保育の道を志す仲間である皆様にお伝えしたいことはたくさんありますが、まず最初に知っていただきたいのは、ウィズブック保育園の就業環境、そして、保育業界への想いです。
 
保育業界はそこで働く人にとってまだまだ長く続けるためのインフラがしっかりしていない状況にあると、私たちは思います。また、子どもたちの人格を形成するただ一度の時期を預かり、一生を左右すると言える重要な仕事であるにも関わらず、その社会的地位や報酬は、ヨーロッパをはじめとする海外の保育先進国と見比べても、もっと高いものであるべきだと思います。
 
「“子育て支援の総合企業”として、この国の保育業界自体を前進させたい。」そんな想いを抱く私たちは、まず自分たちから変わるべきだと考え、給与や福利厚生、教育制度、評価制度を整備。キャリアパスが見えないと言われる保育業界の中で、独自のグレード制を開発して適正に能力を評価し、給与水準も高いものに。残業も持ち帰り仕事も定年もなくし、安心して働き続けられる環境を整えています。大好きな子どもたちと向き合う仕事、保育というすばらしい仕事を、一生の仕事にしてほしい。皆さんには保育の世界で働く幸せを、ウィズブック保育園で長く味わっていただけたらと思います。



株式会社アイ・エス・シー 代表取締役社長
NPO法人子育て学協会 会長
チャイルド・ファミリーコンサルタント

山本 直美

1967年生まれ。日本女子大学大学院修士課程、修了。幼稚園教諭を経て、大手託児施設内の立ち上げに参画し、1995年に株式会社アイ・エス・シーを設立。発達予防学による「幼児期からのアイデンティティ教育」の実践のために、保育者・親子向けに様々な講座・教室を開設。著書には『ことばのアルバム』(ディスカヴァ-21)、『できるパパは子どもを伸ばす(東京書籍)』、『子どものココロとアタマを育む 毎日7分、絵本レッスン(日東書院)』などがある。